「楽〜can」トップページ > ブログ

楽〜can blog

ハンディーキャップ

つながれていく縁

2016.05.16 Monday
おはようございます、
楽〜canの三國です♪
昼間は夏日で、夕方以降は急に肌寒くなる日々が続いている東京です。
1日外出の時は上着を持参しないと風邪ひきそうですねkyu汗
体調管理気を付けなければですheart


昨日日曜日は楽〜canにていろとりどり(ハンディキャップのあるお子さんの親御さん・保護者さんを支える会)の
運営委員会が行われました!!
今後開催されるお勉強会のお話や、いよいよ実現しそうな定期的な茶話会のお話を詰めたりと、内容は多岐に渡りました電球
ご案内のチラシなどが出来ましたら又お知らせさせていただきますねニコッ

(どうしても回転できない写真はなぜあるのでしょう。。?)


子ども達はトムとジェリーのDVDを楽しんでいました♪矢印




そしてその傍らでは同時進行で素敵なご対面が実現していましたききらきらき
友達の紹介を通じて知り合ったRちゃん親子がまだ同じ個性を持ったお友達やご家族に会ったことがなく、
会ってみたいということから、、
私が月曜日に行かせてもらっているみずいろ(ハンディキャップのあるお子さんの放課後デイサービス)のMくん親子が
そのリクエストに応えてくれたのですkyu手

子ども達はキッズルームで遊びチューリップ



ママたちは話に花を咲かせ花花花





自由にゆるりゆるりとお気楽な「初めまして」となりましたきらきら
Rちゃんママとても嬉しそうでしたヤッタv矢印
そしてMくんママが私の息子の保育園の担任の先生とお友達ということが判明したりと、
色々な縁とつながりを感じるhappy timeとなりました!!

(Rちゃんとうちの息子、3歳同士)



しかも、
みずいろにきているMちゃんという女の子がその時間に偶然楽〜canの前を通りすがって覗きに来てくれたりと、
またまた楽しい瞬間があったまさにいろとりどりな笑顔に囲まれた素敵な日曜日となりましたニコッ手
素敵な縁がどんどん広がっていくのは嬉しいものですねきにじき
P.S.
このブログには写真掲載OKの方しか載せていないのでご安心ください。

楽〜canの日々と子育てのあれこれアメブロhttp://s.ameblo.jp/rakucan-mommyz
ハンディーキャップ

原点回帰

2015.10.26 Monday
こんにちは、
楽〜canの三國です♪


昨日は北風が寒かったですね、、
でもよく晴れた秋らしい1日でした秋晴れ

そんな中、以前にお知らせを出しておりました「いろとりどり」の第3回お勉強会が開催されました!!
今回のテーマは「特別支援教育のゆくえ」という事で、
ハンディーキャップをお持ちのお子さんの保護者の他に元・養護学校の教員をされていた中野区議会議員の石坂わたるさんや
ハンディーキャップのお子さん対象のデイサービスを行っていて療育を取り入れている施設の方々等多数の方が参加してくださいました。


来年度から中野区全ての小学校に特別支援教室が設置されるという事で、
中野区で長年に渡り特別支援教育に携わってこられた斉藤眞理子先生のお話を伺い、
最後にそれぞれの方のそれぞれの立場からの意見・感想を伺えてとても有意義な時間となりましたビックリマーク


斉藤先生のお話でたくさん共感できるポイントがあったのですが、
特に印象に残ったのは、、、
・特定のクラスでうまくやっていける事を目的とするようにならないといい。
・通常クラスで手に負えないからという子どもを入れる場所にならないといい。
・時間をかけて1人1人と向き合ってほしい。
・その学年の内に学ぶべきことを追及するのではなく、未来に繋がるための`今’すべき学習を与える場になるといい。
・大人や保護者が与えることの出来ない同じ立場・心境をもっている子ども同士の共感の大切さを失わずに出来るのか?

という点です。


他にもいくつかの懸念をされていましたが、
通常クラスと切り離される時間が出来る事に寄って担任の先生との連携がとても重要になってくるでしょうし、
担任の先生の`色々な個性を持っている子ども達への理解と勉強'を怠らずにしていただけたら良いなと思いました電球
そして、
「通級」に通えなくなるのを心配なさっていた保護者の方への情報として、「通級」は当面なくなる訳ではないそうです。
ここを誤解されている方が多いらしいので有難い情報でした。

制度が変わるのは何事においても大変な事ですが
何はともあれ、変えて良かったとならなければなりませんビックリマーク
そのために我々大人の努力を怠ってはなりませんし、
実際制度が始まって以降「特別支援教室が出来て良かった」という感想もたくさん聞けるよう
見直しや検討を絶やすことなく取り組んでいただきたいと思います耳矢印矢印


少し話が逸れますが、
昨日のお勉強会で色々な方のお話を聞きながら我がスタジオ楽〜canの原点回帰出来た事も個人的に非常に意味がありましたき
楽〜canでは療育の場ではないスタジオとして
ハンディーキャップの有無関係なく「心と身体を解放できる一人一人の居場所作り」をしたいニコッ
色々な個性を持った人がいるのは特別な事ではないと1人でも多くの方に知っていただき、
地域にいる色々な立場の方が1人でも多くの人とコミュニケイト出来、支え合える場所を作りたいkyu
それを実現すべく、まず「自分を好きになる」お手伝いを音楽を通してしたい♪ビックリマーク


改めてこの原点を再確認出来たとても良い1日となりましたきらきら


「いろとりどり」でのお勉強会のお知らせもまた出していきたいと思いますので、
興味のある方はどなたでも参加していただけたら幸いですonpu03



楽〜canhttp://s.ameblo.jp/rakucan-mommyzの日々と子育てのあれこれアメブロ



 
| 1/1PAGES |
calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
selected entries
categories
archives
サイト内検索